座骨で座ろ♪

 

昨日 相方さんとラ・ベルベッツのコンサートに行ってきました。

こんな方たち・・・

たぶん声楽科を出られてるんでしょうね。素晴らしいハーモニーですし、個々も素敵な歌声でした。

 

さて・・・ワタシが座った席の後ろに、あとからご年配のご夫婦が来られたのですが・・・

聞こえてきましたよ。

「前の人の座高が高くて舞台が見えないのよね。あなた席を替わってちょうだい」(奥様)

この座高の高い人・・・はワタシです(汗)

そんなに座高は高くないんですけどねぇ。

足の長さも普通です。

ワタシは椅子に座る時は座骨の上に座ること、骨盤を立てて座ることを氣をつけています。

そうしないと姿勢が崩れたり、腰痛の原因になったりするからです。

まわりを見渡してみると、みなさん骨盤を倒して座っておられます。

まぁ、リラックスして鑑賞するのは、その座り方かもしれないですが・・・。

これを繰り返していると骨盤の傾きに「悪い癖」がついてしまいます。

骨盤を立てて、座骨の真上に座ることが大切です。

なので「座高が高い人」のまま、アンコールを迎えました。

後ろのご婦人、ごめんなさい。